So-net無料ブログ作成
検索選択

初めてでも使いやすいICレコーダー<ICD-UX560Fシリーズ>をご紹介 [ソニー新商品情報]

はじめてでも使いやすいICレコーダー <ICD-UX560Fシリーズ> 6つの特徴をご紹介

本日は新登場のICD-UX560Fシリーズをご紹介。
会議や講義等の人数が多い場面での使用に便利な数々の機能を搭載したモデルとなっています。
ICD-UX560Fシリーズは講演会やセミナーなどで便利な、声を狙い録りできる「フォーカス録音」搭載。指向性が強く、前方の録音対象をしっかりフォーカスして録音します。さらに遠くの音や小さな音を聞きやすい音で録音できる「Sマイク・システム」、ノイズを低減する「ノイズカットフィルター」や「ローカットフィルター」も搭載。大切なシーンをしっかり録り残せます。

ICD-UX565F ICD-UX560F ICレコーダー オススメ ブログ 特徴 録音 ワイドステレオ録音 会議 講義 おすすめ詳細 納期 価格
>>ICD-UX560Fの詳細・納期はこちら

(USB ACアダプター付属なし)

ICD-UX565F ICD-UX560F ICレコーダー オススメ ブログ 特徴 録音 ワイドステレオ録音 会議 講義 おすすめ詳細 納期 価格
>>ICD-UX565Fの詳細・納期はこちら

(USB ACアダプター付属)

「ワイドステレオ録音」搭載
発言者の位置関係を強調することで声が重ならず、一人一人の発言がはっきり聞こえます。

狙った音をしっかり録れる「フォーカス録音」
指向性が強く、狙った音にフォーカス。広い会場での録音やインタビューに役立ちます。

遠くの音や小さな音までクリアに収音する「Sマイク・システム」

高感度と低ノイズを実現。遠くの音や小さな音をより聞きやすい自然な音で録音します。

録音時に音声以外の周波数を低減する「ノイズカットフィルター」
音声以外の高周波・低周波を低減する録音フィルターを搭載

録音時にエアコンやプロジェクターのファンノイズなどを低減する「ローカットフィルター」
会議やインタビューなどの録音時に、耳障りなプロジェクターの風切音などのノイズを低減

録音環境に応じて最適なマイク感度に自動で設定する「おまかせボイス」
録音の際、入力音圧レベルを適正に判断して最適なマイク感度を自動で設定。わずらわしい感度設定を行わなくても自動的に適切なレベルで録音できるので、録音した音が小さすぎる(大きすぎる)などの設定ミスを防げます。

<最大録画時間 - 内蔵メモリー(4GB/8GB)>
LPCM44.1kHz/16bit 5時間20分/10時間45分
MP3 192kbps 39時間45分/79時間30分
MP3 128kbps 59時間35分/119時間
MP3 48kbps(MONO) 159時間/318時間

<急速充電対応>
約3分の充電で1時間の録音が可能
内蔵充電式電池の持続時間は最長約27時間
USB充電機能搭載
スライド式USB端子をPC等と接続すればデータ転送や本体への充電が可能。
付属のUSB ACアダプターを使用すればコンセントからも充電可能。
※USB ACアダプターはICD-UX565F(8GBモデル)のみ付属。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。