So-net無料ブログ作成
ハンディカム情報 ブログトップ
前の10件 | -

ハンディカム「HDR-PJ670、CX670、CX480」が値下げされしまた! [ハンディカム情報]

ハンディカム「HDR-PJ670、HDR-CX670、HDR-CX480」の3つが値下げされました。
強力な手ぶれ補正機能「空間工学手ブレ補正」搭載の「HDR-PJ670」「HDR-CX670」、2機種が大幅に値下げされました。

従来の手ブレと比べた時、運動会等の撮影でズームを使った撮影が多い場合「空間工学手ブレ補正」は超強力。
スマートホン等とはくらべものにならないほどのキレイでブレの無い映像は「空間工学手ブレ補正」の特徴となっています。

今回値下げとなった3モデル主な違いをご紹介
HDR-PJ670:空間光学手ブレ補正、プロジェクター内蔵、Gレンズ、マルチインターフェースシュー
HDR-CX670:空間光学手ブレ補正、Gレンズ、マルチインターフェースシュー 
HDR-CX480:光学手ブレ、バリオ テッサーレンズ

HDR-PJ670 HDR-CX670 HDR-CX480 ハンディカム 価格 ブログ 値段 納期 保証 値下げ 画像
デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-PJ670」
販売価格:64,880円+税 → 59,880 円+税 (値下げされました)
>>「HDR-PJ670」 詳細・納期はこちら
>>ハンディカム、アクセサリ一覧はこちら

HDR-PJ670 HDR-CX670 HDR-CX480 ハンディカム 価格 ブログ 値段 納期 保証 値下げ 画像
デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-CX670」
販売価格:54,880円+税 → 49,880円+税(値下げされました)
>>「HDR-CX670」 詳細・納期はこちら
>>ハンディカム、アクセサリ一覧はこちら

HDR-PJ670 HDR-CX670 HDR-CX480 ハンディカム 価格 ブログ 値段 納期 保証 値下げ 画像

デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-CX480」
販売価格:44,880円+税 → 41,880円+税(値下げされました)
>>「HDR-CX480」 詳細・納期はこちら
>>ハンディカム、アクセサリ一覧はこちら


「4K x 空間光学手ブレ補正」の新ハンディカム登場! [ハンディカム情報]

「4K x 空間光学式手ブレ補正」の新ハンディカム登場!

FDR-AXP35-1.jpg

今回登場した新ハンディカムの中でも特に気になるモデルはやはり「AXP35、AX30」この二つでしょうか。
前モデルからの最大の進化ポイントは「4K+空間光学式手ぶれ補正」でしょう。実はいままでのハンディカムでは4Kに対応しつつ空間光学手ぶれ補正に対応したモデルは無かったんです。
ようやく登場した「4K x 空間光学式手ブレ対応」の機種は多くのマニアが待ち望んでいたのではないでしょうか。

新登場のハンディカムをざっくり比較!


今回登場したハンディカムには4K、空間光学式手ぶれ補正のどちらも対応したモデルが2機種、4K非対応で空間光学式手ブレ対応の2機種、とFDR-CX480の合計5機種。それぞれ違いはかなり明確なものとなっています。
まずは4K対応のハイスペック(上位)モデル二機種の違いをざっくりと。
FDR-AXP35:ビューフェンダー、プロジェクター搭載
FDR-AX30:ビューフェンダー、プロシャクター非搭載
上記の2機種はの違いはコレだけであとの仕様は同じ、全部盛りのFDR-AXP35、ベーシックなFDR-AP30と分ける事が可能。
結論
4K撮影したいしプロジェクターやビューフェンダーも使うってことが有る方はFDR-AXP35がオススメ
4K撮影したいけどプロジェクターやビューフェンダーは使うってことが無い方はFDR-AP30がオススメ

また「4K撮影はしないし、4Kで見ないよ」という方向けの新モデルも同時に登場。
FDR-AXP35 → FDR-PJ670
FDR-AX30 → FDR-CX670
上記のような感じに4K有り無しの上位モデル→下位モデルの関係となっています。
プロジェクター搭載のFDR-AXP35はFDR-PJ670が下位モデル(PJ670はビューファインダー無し)
プロジェクター、ビューファインダー非搭載のFDR-AX30はFDR-CX670が下位モデル

上記のようにFDR-PJ670とFDR-CX670はそれぞれ4K撮影の機能を省いた下位モデルなのですが、実は両機とも4K対応以外にも静止画(写真)撮影機能に大きく違いが。
静止画(写真)撮影機能
上位モデル:AXP35/AX30 → 最大で2060万画素:6048x3400
下位モデル:PJ670/CX670 → 最大で920万画素:4032x2272
動画から写真を切り出せる機能
上位モデル:AXP35/AX30 → 最大で830万画素:3840x2160
下位モデル:PJ670/CX670 → 最大で210万画素:1920x1080
動画の中から高画質で写真として取り出したい!、とかハンディカムを動画と一緒に写真用として兼用もしたい!と言う方は上位モデルのAXP35かAX30がオススメ!

上位モデル
「4K + 空間光学式手ブレ補正」 FDR-AXP35の詳細/価格はこちら
「4K + 空間光学式手ブレ補正」 FDR-AX30の詳細/価格はこちら
下位モデル
「空間光学式手ブレ補正」 FDR-PJ670の詳細/価格はこちら
「空間光学式手ブレ補正」 FDR-CX670の詳細/価格はこちら


空間光学と光学式この二つの違いを簡単にレクチャー

大きな括りで言ってしまえば、空間光学式は光学式の仲間、ここでは一般的な光学式と分けてご説明。
空間光学式
空間光学式はレンズ、イメージセンサー等を含めたとレンズ全体が宙吊りになったような構造で衝撃や振動を滑らかに吸収する訳です。
他の光学式との最大の違いは レンズとイメージセンサ等のレンズユニット全体が一緒に動くところ
補足
個人的には空間光学式手ぶれ補正のレンズユニットが振動に合わせてぐりんぐりんと動くさまはなんだかガンダムに出て来るザクのモノアイを連想してしまいますね・・・・・。

光学式
先ほども記述したように空間光学式は光学式手ブレ補正の一種なのですが、空間光学式以外の光学式手ブレ補正はいずれもレンズor イメージセンサーが固定されているところが特徴です。

ソニーの空間光学手ぶれ補正は一般的な光学式手ぶれ補正と比べて通常時も手ブレ具合がかなり軽減されるのですが、とくに効果が顕著なのはズーム撮影した時で、運動会や遊戯会等でお子様との距離が若干離れている場合、多くの方がズーム機能を使われると思いますが、空間光学式なら手ブレが圧倒的に少なく撮影可能です。

また空間光学式はレンズが動くということで心配となる方が多いであろう本体内への異物侵入
この辺りも考えられており、「衝撃・防塵/防砂配慮」となっています。
衝撃吸収材、ストッパーなどがヘンズユニット内への異物の侵入を防ぐ仕様。

今回ご紹介したハンディカムは高価なので長期保証は"ワイド保障"がオススメ
長期保証<ワイド>は長期保証<ベーシック>に加え、破損、水ぬれ、火災など、偶然な事故の際にも無料で修理が受けられるサービス。ベーシックよりも幅広い修理対応が可能なのが特徴。
NW-ZX2 ブログ 長期保障
>>長期保証サービスの詳細
上記のリンクから長期保証サービスの詳細がご覧いただけます。

FDR-AXP35-2.jpg

>>ハンディカムアクセサリー一覧

上記のリンクからハンディカムで使えるアクセサリ一覧が確認できます。


【ハンディカム】1月に続々と発売日を迎える空間光学手ブレを搭載した"ハンディカム" そもそも空間光学手ブレ補正とは? [ハンディカム情報]

空間光学手ブレ補正

圧倒的な手ブレ補正力を発揮する空間光学手ブレ補正でワイドからズームアップ撮影まで手ブレをより強力に抑えます。手ブレ補正と言うのは大きく別け電子式と光学式があります。そして空間光学手ブレ補正は光学式に分類されレンズユニットスイング方式と言われています。
従来の光学式手ブレ補正では、光軸が常にイメージセンサーの中央部に当たるようレンズ群の中の1枚の補正レンズが動いて映像のブレを抑えますが、補正レンズがあまりに大きく動くと本来の性能を十分に発揮する事が難しく、特にズーム時の大きな手ブレを抑える事は難しかったのですが、空間光学手ブレ補正は、レンズ群とイメージセンサー全体を動かして手ブレを抑える方式で、簡単に例えるならレンズ群とイメージセンサーが“宙に浮いた”ような状態になるためズーム時の大きな手ブレも抑えることが可能なのです。また、レンズとイメージセンサーは常に理想的な光軸上に高い精度で固定されるため、本来の性能を十分に発揮する事ができるようになりました。
空間光学手ブレ補正
空間光学手ブレ補正

ユニットを動かす動力

続きを読む


【新製品】空間光学手ブレ補正機能を4機種に拡大し発表。 [ハンディカム情報]

広角から望遠まで全範囲でブレを抑える独自の「空間光学手ブレ補正」機能を4機種に拡大
撮影後の楽しみを広げる内蔵プロジェクターの性能を高めた“ハンディカム” 計6機種発売されました。

ハンディカム HDR-PJ790V HDR-PJ630V

発表機種一覧の簡易機能表

 型名 補正機構  画角  プロジェクター  音声 
 『HDR-PJ790V  
空間光学
 
26.0mm
最大35ルーメン 高性能
5.1chマイク 
 『HDR-PJ630V  
空間光学
 
26.8mm
 
最大20ルーメン
 高性能
5.1chマイク
 『HDR-CX630V  
空間光学
 
26.8mm
 -  高性能
5.1chマイク
 『HDR-CX430V  
空間光学
 
26.8mm
 -  高性能
5.1chマイク
 『HDR-PJ390  
光学式
 
26.8mm
 
最大13ルーメン
 -
 『HDR-CX390  
光学式
 
26.8mm
 -  -
HDR-PJ790V 高性能レンズを搭載することにより、狭い室内や自分撮りなどのシーンでも広々と広角で撮影できます。 『HDR-PJ790V』のレンズにはカールツァイスの「バリオ・ゾナーT*」が採用されています。 カールツァイスのレンズとは世界中のフォトグラファーから「空気感まで描写する」と賞賛されるほどのレンズでこのレンズ使うと、一味違ったヌケの良い透明感のある映像表現が可能といわれています。

続きを読む


【ソニーストア】3D対応モデルなど新型“ハンディカム”3機種の先行予約販売を開始 [ハンディカム情報]

ソニーストア ビデオカメラ“ハンディカム”
ソニーストアでは、3D対応モデルやプロジェクタ機能搭載モデルなど新型“ハンディカム”各シリーズの先行予約販売を開始しました。
受注開始となったのは、3D撮影対応の(HDR-TD20V)、ズーム時の手ブレをよりおさえたハイエンドモデルの(HDR-CX720V)、CX720Vにプロジェクター投影機能を内蔵させた(HDR-PJ760V)の3機種。

本体と同時購入でソニーポイント5%がもらえるおトクなアクセサリーセットや、期間限定買取強化キャンペーンなども実施中です。

>スタッフ酒井

続きを読む


【新商品】より高画質へ。明るくワイドに撮影できる“ハンディカム”NEX-VG20発表 [ハンディカム情報]

ソニー 高精細な60P記録やフィルム映画のような24p記録を実現した「NEX-VG20」発表
ソニーから、レンズ交換式HD“ハンディカム”(NEX-VG20)が発表になりました。
先代(VG10)よりさらに高画質&タッチパネル液晶搭載などより操作しやすいモデルとなりました。

>スタッフ酒井

続きを読む


【先行予約販売】3D撮影を手軽に出来る3D“ハンディカム”の先行予約販売実施中 [ハンディカム情報]

ソニーストア 3D“ハンディカム”(HDR-TD10)
ソニーストアでは、3D撮影の出来る“ハンディカム”(HDR-TD10)の先行予約販売を開始。
また、5月31日まで購入をおトクにサポートしてくれる「Welcome 3Dキャンペーン」も実施中です。

>スタッフ酒井

続きを読む


【キャンペーン】ソニーストア「新“ハンディカム”キャンペーン」今月末まで実施中。 [ハンディカム情報]

ソニーストア 新“ハンディカム”キャンペーン
ソニーストアで実施ちゅうの「新“ハンディカム”キャンペーン」。
対象モデルに安心の長期保証<5年ワイド>が無償で提供&お得な周辺機器セットを販売中です。
期間は今月末まで。
現在の納期状況を簡単に調べてみました。

>スタッフ酒井

続きを読む


【先行予約販売】新“ハンディカム”の先行予約販売が本日13時から開始予定 [ハンディカム情報]

ソニーストア 新“ハンディカム”シリーズ
ソニーストアでは、本日13時から、新“ハンディカム”シリーズの先行予約販売を開始予定となっています。
専用設計のイメージセンサーを搭載した“ハンディカム”CX700V/CX560V、プロジェクター機能搭載の“ハンディカム”PJ40V/PJ20など25日発売予定の5モデルがようやく受注可能となりますね。

>スタッフ酒井

続きを読む


【比較】25日発売予定の“ハンディカム”2機種を簡単に比較 [ハンディカム情報]

ソニー “ハンディカム”
2月25日に発売開始となる新“ハンディカム”の上位2機種。
メーカーサイトに掲載されている「“ハンディカム”比較表」ではほぼ同じ仕様のこの2機種。どこが違うのか、仕様が同じならどこで区別すればいいのかというスタッフ酒井の備忘録。

発売日が25日なので、多分今週末にはソニーストアで先行予約販売が始まるのではないかと勝手に想像しています。(今日購入宣言をしておきました)

>スタッフ酒井

続きを読む


前の10件 | - ハンディカム情報 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。