So-net無料ブログ作成

【新商品】AVCHD再生にも対応したデジタルフォトフレームなど8機種発表 [ソニー新商品情報]

ソニー フルHD(AVCHD)再生にも対応するデジタルフォトフレームなど8機種発表
ソニーから、デジタルフォトフレームの新型8機種が発表になりました。
フルHD再生対応、バッテリー内蔵、スワロフスキー装飾、フレームの着せ替えなども対応するモデルなど利用シーンに併せて利用できるモデルとなっています。

(標準モデルが11月6日、上位モデルが11月26日発売予定となっています)


■ソニー フルHD(AVCHD)再生などに対応した新型デジタルフォトフレーム8機種発表
 ~バッテリー内蔵モデルや着せ替え対応モデルなど~


DPF
発表となったのは、XRシリーズ(2機種)、Dシリーズ(5機種)、Eシリーズ(1機種)の系8機種。


●デジタルフォトフレーム XRシリーズ
上位機種となるXRシリーズの主な特徴は「TruBlack液晶&フルHD動画再生対応」。TruBlack液晶は先代でも採用されているもので液晶面とフロントパネルの間に屈折率の近い樹脂を利用する事で、光の屈折を制御し、より明るく見やすい液晶となっています。

フルHD(AVCHD)再生対応では、現在販売されている“サイバーショット”や“α”などで撮影したフルハイビジョン動画(AVCHD方式)の再生に対応。パソコンやBDレコーダーなど一部の機種でしか再生できなかったハイビジョン動画も再生する事が可能となりました。

※フルHD(AVCHD方式)の再生には対応していますが、解像度は各液晶に依存します。
 XR100:WSVGA(1024×600/10.2型)、XR80:WVGA(800×480/8.0型)


●デジタルフォトフレーム Dシリーズ
Dシリーズは、贈り物用としても、自分で使うのにも最適な、いわば標準モデル。従来は画面サイズとフレーム部分のデザインの違いで分かれていましたが、今回の新型ではバッテリーを内蔵し、電源のとれない場所でも楽しむ事ができるモデルも新登場。より使い勝手がよくなりました。


●デジタルフォトフレーム Eシリーズ
Eシリーズはデジタルフォトフレームの中でも一番シンプルながら、フレームの着せ替えにも対応したモデル。部屋のインテリアや気分に合わせてフレームを取り替える事ができるので、より楽しく手軽にデジタルフォトフレームで写真鑑賞を楽しむ事ができます。また、手軽に送れるプレゼントとしても最適なモデルです。


メーカー希望小売価格はオープン価格ですが、市場推定売価は各モデル次の通り。

 XRシリーズ(DPF-XR100):約 40,000円前後
 XRシリーズ(DPF-XR80):約 30,000円前後

 DシリーズDPF-D830):約 20,000円前後
 Dシリーズ(DPF-D720):約 13,000円前後
 Dシリーズ(DPF-D720(WI)):約 16,000円前後
 Dシリーズ(DPF-D720(BU)):約 14,000円前後
 Dシリーズ(DPF-D710):約 11,000円前後

 Eシリーズ(DPF-E710):約 9,000円前後


発表となった新型デジタルフォトフレームの情報は下記リンクからどうぞ。
ソニー フルHD(AVCHD)再生にも対応するデジタルフォトフレームなど8機種発表
■ソニー 思い出の写真や動画※1に合わせて音楽再生も楽しめるなど“S-Frame”8機種発売


ソニー デジタルフォトフレーム オフィシャルサイト
■ソニー デジタルフォトフレーム オフィシャルサイト


カスガデンキホームページ
■当店ホームページはこちら


Twitter スタッフ酒井
Twitterでスタッフ酒井がつぶやいてます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。