So-net無料ブログ作成

【新商品】プロジェクター機能搭載モデルなど新“ハンディカム”5機種発表 [ハンディカム情報]

ソニー 進化した新“ハンディカム”5機種発表
ソニーから撮影機能も撮影後の楽しみも進化した新“ハンディカム”5機種が発表になりました。
記録方式は内蔵メモリー(32GB~96GB)と“メモリースティック”/SDカードに対応。ハンディカム本体にミニプロジェクターを内蔵したモデルも登場しました。

>スタッフ酒井


■ソニー 撮る・見る楽しみが進化した新“ハンディカム”5機種発表
 ~プロジェクター内蔵モデルなども追加~
 発売日:2011年2月25日 予定
 市場推定売価:70,000円前後~130,000円前後


発表になったのは、新開発のワイドサイズCMOSセンサー搭載モデル2機種、プロジェクター機能内蔵モデル2機種、スタンダードモデル1機種の合計5機種。


HDR-CX700V/HDR-CX560V両機種は、新開発のワイドサイズCMOSセンサー“Exmor R”を搭載。従来の4:3イメージセンサーを使ったモデルと比較すると、動画撮影時・静止画撮影時共に高精細な画素を確保可能で、より高精細な撮影が可能になり増した。


HDR-PJ40V/HDR-PJ20では、液晶背面部にプロジェクターを内蔵。投影距離3mで約60v型までの投影が可能です。撮影した楽しい思い出をその場で、みんなと見る事が出来ます。結婚式の2次会や家族旅行中など楽しみが増えますね。また、この機能を使えばビジネスでも活躍しそうです。


HDR-CX180は、エントリーモデルながら暗いシーンに強い“Exmor R”と画像処理エンジン「BIONZ」、光学30枚ズームレンズに32GBメモリー内蔵など高性能を搭載。小型・軽量モデルなので、初めての方も女性の方にもおすすめのモデルとなっています。


各シリーズ共通で本体にUSBケーブルを内蔵(収納可能)。本体内には撮影画像を共有サイトに簡単操作でアップロードできるPMBポータブルも内蔵。撮影後にすぐ後悔する事も簡単になりました。


撮る・観る・共有するを手軽に実現する新型“ハンディカム”。発売が楽しみです。

Twitter スタッフ酒井
Twitterでスタッフ酒井がつぶやいてます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。