So-net無料ブログ作成

【新商品】ソニー・エリクソンから新型ケータイ&スマートフォン発表 [ケータイ情報]

ソニー・エリクソン
ソニーエリクソンから、新型3機種が発表になりましたね。
auでXperia acroとS007、ドコモでXperia acroの計3機種。スマートフォンもケータイに近い機能を搭載し始めてきました。

>スタッフ酒井


■ソニー・エリクソン、新型スマートフォン&ケータイ3機種を発表
 ~スマートフォンにワンセグや赤外線通信機能も搭載~


S007
新型ケータイ、S007。
au向けの商品で、LEイルミネーションと16.2メガの高精細カメラが魅力の一台。イルミネーションパターンは45点灯×20カラーの900種類。端末を明けたときのオープンイルミネーション、メールなどのキー操作時に波紋のようにキーが光るキー操作連動イルミネーション、キー操作を早くすることでフロントイルミネーションが連ボーカラーのように点灯するファストキープッシュイルミネーションなど毎日使っていて楽しい一台です。

サブディスプレイも搭載しているので、閉じた状態でも時間の確認や着信などの情報を確認する事が可能。

カメラはモバイル用に最適化された裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」を搭載。1620万画素の高画質と、従来以上に暗いシーンにも強くなったカメラでいろいろな場面での撮影を楽しむことが出来ます。


そのほか、メール機能として賢く予測変換してくれるPOBoxや、新たに「いきなり予測」昨日も搭載。文字キーを入力しなくてもメールの冒頭に入力したことのある候補が表示されるので、「おはよう」や「お世話に」など定型文も入力しやすくなっています。

デコメ機能も強化されているなどデザインも機能も使う楽しさを満たしてくれそうですね。



IS11S
新型スマートフォン、IS11S。
au向けの商品で4.2型の大画面、暗いシーンに強いCMOSセンサー、ワンセグや赤外線通信、FeliCaなどに対応する新型のスマートフォン。


液晶は4.2型のクリアブラックパネルを採用。デジタルフォトフレームにも採用されている方式で、写真や動画の表示が通常の液晶よりも美しく表示することが可能。高精細な液晶に加えて最新の画像処理エンジン「モバイルブラビアエンジン」を搭載。映像をもっと美しく、鮮やかに表示することが出来ます。


カメラ部には裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」を搭載、有効810万画素の高解像袖、暗いシーンでもより明るく写真を撮ることが出来ます。またHD動作撮影にも対応しているので、日常の出来事を撮影しておき、ブログに公開することも出来ます。

今回のモデルでは「赤外線通信/ワンセグ/FeliCa」に対応。
アドレスの交換などに便利な赤外線通信や、ちょっとした時間にワンセグを楽しめるワンセグチューナー、コンビニなどで活用できるFeliCaなど搭載しているので、従来のケータイのように快適に使えます。



SO-02C
新型スマートフォン、SO-02C。
ドコモの製品で、auのモデルとほぼ同じ。「Exmor R for mobile」や赤外線通信/ワンセグ/FeliCaなどを搭載しています。おサイフケータイとして使っていた方はこのモデルからスマートフォンに切り替えられるベストな一台という感じ。


これから販売開始となる各モデル、発売開始が楽しみですね。ドコモのSO-02Cが6~7月頃の発売予定となっていました。


個人的にはガラケーのようなFeliCaやワンセグは要らないものの、逆にドコモの「2in1」に対応するモデルを出してもらいたいかなぁと。この機能がないので現在2台持ちなんです。。。ドコモ産、何とかなりませんかね?


新機種を発表したソニー・エリクソンのホームページは下記リンクからどうぞ。
ソニー・エリクソン
■ソニー・エリクソン ホームページ

Twitter スタッフ酒井
Twitterでスタッフ酒井がつぶやいてます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。