So-net無料ブログ作成

【新商品】高速連写&先進の撮影機能を搭載した“α57”シリーズ発表 [”α”情報]

ソニー オートフォーカスを効かせた秒間最高約12コマの高速連写や60pフルHD動画撮影が可能なレンズ交換式デジタル一眼カメラ“α57”発売
ソニーからデジタル一眼カメラ“α57”シリーズが発表になりました。
上位機種と共通のデザインを採用し、AF追従する最高12コマ/秒の高速連写、全画素超解像技術によるズーム、プロが撮影したような画像で切り出してくれる「オートポートレートフレーミング」機能など先進の撮影機能を搭載したエントリーモデルとなっています。

発売日は4月13日、ソニーストアでは受注開始をお知らせしてくれる「メール登録」を実施中です。

>スタッフ酒井


■ソニー 高速連写やオートポートレートフレーミング機能など搭載した“α57”シリーズ発表
 ~より手軽に使えるデジタル一眼カメラのエントリーモデル~
 発売日:2012年4月13日
 モデル:デジタル一眼カメラ“α57”シリーズ
 型番:SLT-A57 (ボディ単体) / SLT-A57K (ズームレンズキット) / SLT-A57Y (ダブルズームレンズキット)
 市場推定売価:80,000円前後(A57) / 85,000円前後(A57K) / 105,000円前後(A57Y)



SLT-A57
発表となったのは、“α55”の後継モデルとなる“α57”。
ボディデザインと上位機種と同じコンセプトにすることで、エントリーモデルながら高い質感と操作性を両立。電子ビューファインダーも“α55”比較で焼く1.5倍の画素数となる有効約144万ドット相当の視野率100%モデルに進化しています。


SLT-A57
“α57”にはデジタル一眼カメラ“α”シリーズ初となる“全画素超解像”技術を用いたズームを搭載。高画質を保ちつつスムーズな電子ズームによる撮影が可能です。新型“サイバーショット”にも搭載されている技術。



SLT-A57
注目の機能としては、「オートポートレートフレーミング」機能。
撮影時に「顔検出機能」で被写体の顔を認識して、カメラが自動で「印象的な人物画」となるように画像を切り出してくれる機能。構図判断は三分割法を採用、まるでプロが撮影したような構図で撮影できます。元の写真はそのまま残っているので、フレーミングのヒントを得ることができます。


発表となった新型デジタル一眼カメラ“α57”シリーズ。
発売は4月13日と先ですが、気になるモデルの一つですね。

商品の詳細など報道資料は下記リンクからどうぞ。
ソニー オートフォーカスを効かせた秒間最高約12コマの高速連写や60pフルHD動画撮影が可能なレンズ交換式デジタル一眼カメラ“α57”発売
■ソニー 高速連写やオートポートレートフレーミング機能など搭載した“α57”シリーズ発表 (報道資料)

カスガデンキホームページ
■当店ホームページはこちら


Twitter スタッフ酒井
Twitterでスタッフ酒井がつぶやいてます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。