So-net無料ブログ作成

【新商品 モニター募集中】 "DSC-HX300" モニタープレゼント! [”α”情報]

ハイズーム・フラッグシップモデル DSC-HX300

DSC-HX300-8.jpg

3月8日より発売される"DSC-HX300"のモニターさんが募集されています。
"DSC-HX300"は光学50倍ズームとレンズ一体型コンパクトカメラにおいて業界最高クラスで、この高倍率時の手ブレを補正するために新しい手ブレ補正である"2群防振手ブレ補正"を搭載したモデル。
F値もF2.8(ワイド端時) -6.3(テレ端時)と明るめです。
モニター募集の詳細はこちらから


DSC-HX300-4.jpg
■まず注目したいのが業界最高クラスの光学50倍ズーム
レンズ一本で、広角24mmから望遠1200mmまで撮影可能と幅広い撮影範囲。レンズは"カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズ"という事で最高級仕様。多層膜を施した印である"T*"はゴーストやフレアなど不要な反射光を大幅に削減。空気感まで描写すると言われる程のレンズです。


DSC-HX300-6.jpg
■新しい手ブレ補正
新開発された手ブレ補正である2群防振手ブレ補正はブレやすい高倍率ズーム時でも手ブレをしっかり補正するとの事、またあたらしい 手ブレ補正は高い次元で光学性能と防振性能を両立。従来機のDSC-HX200Vと比較して2.7倍も補正範囲が広まってるとの事でなので確かに高倍率ズーム時の手ブレ補正は期待できそう!


DSC-HX300-5.jpg
■高速フォーカス・連射性能
明るいシーンでは高倍率の50倍ズーム時でも約0.22秒の高速オートフォーカスで、通常撮影時は最速約0.15秒
屋内や夜景などの暗所の高倍率ズーム撮影時でも被写体を瞬時にとらえます。
■最大画像サイズでも10コマ/秒の高速連写が可能
メカニカルシャッターを使用した連写のため、高速で動く被写体を撮影する際でも、一般的な電子シャッター方式で起こる「ゆがみ」が発生しません。


DSC-HX300-7.jpg
■操作性
■自分好みの設定をカメラに記憶できるMRモード
3つまでの撮影設定をカメラに設定可能。自分のお気に入りの設定を瞬時に呼び出せる便利な機能。
■カメラを素早く操作できるジョグダイヤル。
Aシリーズにも採用されているジョグダイヤルは操作性に優れ様々な項目を素早く設定可能。
■ズーム・フォーカスを手動で操作も可能。
レンズ横のスイッチを切り替え、レンズ部のリングを回して調整します。デジタル一眼のように意図した通りのズーミングや、フォーカスが行えたり、ピント拡大機能を利用して画面の一部を拡大できるなど厳密なフォーカスが行えます。




DSC-HX300-9.jpg

【ソニーストア】"DSC-HX300" 詳細はこちらから




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。