So-net無料ブログ作成

【 Xperia Tablet Z 】 一緒に買いたい!"Xperia Tablet Z"の専用アクセサリーを紹介。 [Sony Tablet情報]

先日ようやく"Xperia Tablet Z"の先行予約販売が開始され、賑わいを見せつつありますがここで改めて"Xperia Tablet Z"をご紹介!したいと思うのですが、本体についてはブログで何度も更新していますので、今日はタブレットのある生活をもっと便利に楽しく快適にする"Xperia Tablet Z 専用アクセサリー"をご紹介したいと思いますよ!

【ブログ】【Xperia Tablet Z 】 本日2月28日-15時から先行予約開始!

【ブログ】【 Xperia Tablet Z 】 2月28日15時より "先行予約販売の受付が開始されました!


ストアでも紹介されており、強くオススメされているアクセサリー"クレードル"、"液晶保護シート"、"キャリングケース"+"nasun"の4つをご紹介


映り込みと指紋を軽減する専用保護シート


xperiatabletZ-40.jpg

タッチパネル搭載モデルでは何かと気になる指紋の跡、クリーナーで拭いても吹いても触ったそばから付いてしまっては快適なタブレットライフとは言えませんね。

そこで"Xperia Tablet Z"専用液晶保護シート(SGPFLS4)"
アンチグレア加工が施されています。・・・・アンチグレア加工とは表面に極小の凹凸があり光の反射を防ぎます。つまり映り込みが軽減され画面が見やすくなる加工の事をアンチグレア(ノングレア)と言います。
おそらくご家庭のTVなどを見て頂くとお分かり頂けると思うのですが電源を切った状態の真っ暗な画面を見たときに時に自分が"ぼやけ"て見えるのがアンチグレア加工に近い加工がされた画面。

逆にハッキリと鏡のように見える場合はグレア加工。こちらは光沢加工とも言われ、液晶本来の発色などを優先した加工となっています。がTV場合はタッチではないので問題は映り込みだけですが・・"・Xperia Tablet Z"のようにタッチが必須の画面では光沢加工のままでは触れば指紋がはっきりと見えてしまいタッチ前提の"Xperi Tablet Z"では激しくオススメできないタイプの加工です。

("Xperia Tablet Z"の液晶はグレア加工(光沢加工)の画面となっています。)
■液晶クリーナーで都度キレイにして"Xperia Tablet Z"のフルHDを超える高精細の高画質映像を俺は楽しみたい!と言う方には"液晶保護シート"はオススメはできません。

■発色が多少落ちてしまうのはしょうがないけど、指紋跡がベタベタ付くのはスマホだけ十分だ!映り込みにより映画の途中で萎えるのもイヤだ!と言う方にはオススメです!


" Xperia Tablet Z "専用クレードル


xperiatabletZ-38.jpg

差し込むだけで充電ができる専用クレードル"SGPDS5"はスタンディングとデスクトップスタイルの2スタイルに対応。
充電中でも一番使いやすいを選んで使えます。上質さを演出するメタルパーツを採用しているので部屋を彩るインテリアとしても存在感を放ちます。

防滴仕様となっていますが、差し込むだけで充電できるクレードルは便利!

"Xperia Tablet Z"にぴったりのデザインで、本体の重心を考慮した設計は省スペースで倒れにくく、クレードルに立てた状態のタッチ操作にも配慮されています。

■タブレットを決まった場所に置くようにすれば 置く = 充電 となるためクレードルは便利なのでいざという時に充電のし忘れがありません。持ち出し時も持ち上げるだけでいいのでスマート。また充電中はスライドーショーを流したりなど簡易フォトフレームにも。

3色から選べる高級感あるレザー製キャリングケース


xperiatabletZ-39.jpg

このキャリングカバーは本体保護だけでなく、使いやすさが考えられた"Xperia Tablet Z"専用カバーで、動画などを見るときに便利なスタンディングスタイルと、タッチ操作がしやすいデスクトップスタイルの2通りのスタイルに変形。
保護+スタンディング+デスクトップと3種類に用途に対応。
しかもこのカバー、タブレットと連動しており、カバーの開閉で液晶画面のON / OFFが切り替えられます。
つまりカバーを閉めれば勝手に液晶画面がOFFとなり節電(バッテリー長持ち)し、使う時はカバーを開けるだけで勝手に液晶画面がON(手間いらず)。

もしタブレットを外出時に使いたいと思っている場合にはほぼ必須だと思いますが、屋内専用タブレットでも2通りの角度が付けられるこのカバーはオススメできます。

■あって困る事は無いのでオススメ!本体をカバンの中にそのまま入れたりして傷がついたら悲しいですよ!

ワイヤレススピーカー


xperiatabletZ-34.jpg

残念ながら"Xperia Tablet Z"の専用アクセサリーは出ていないのですが、音響メーカーでもあるソニーさんから数々のワイヤレススピーカーが発売されています。一番オススメされているのは"SRS-BTV5" 話題となった手のひらサイズの小型ワイヤレススピーカーですね。独特な形が受けて巷では女子に人気だったとか・・?
こちらはスピーカーワイヤレスと言う事で線ではなくBlutoothで無線通信する事によって音を出します。、設定はとっても簡単。ワンタッチ接続が可能のNFC機能搭載なので機器同士でタッチさせるだけで接続可能。スマホで言うとろこの "バンプ" というアプリと同じ要領です。
昔は"ローリー"というSRS-BTV5の祖先のようなスピーカーがありましたが懐かしいですね・・・・私の場合はタンスの奥に眠っています。
xperiatabletZ-37.jpg

また公式でオススメされてるスピーカー以外にもソニーさんからたくさんのワイヤレススピーカーが出ています。個人的なオススメはやはりコレ!"SRS-BTX500" "SRS-BTX300" ワイヤレススピーカーのハイエンドモデルとして最近発表された最新のワイヤレススピーカーで、当然NFC対応で簡単接続・内蔵リチウムイオン電池で持ち出し可能やおすそわけ充電も可能。
最上位モデルのSRS-BTX500は重さが2kg。実際持ってみた時の印象は見かけよりもかなり重く、例えるなら金を持った時のような違和感にも似たものがありました。サブウーファーも搭載しているので筐体がずっしりとしている事はいい事だと思います。気になった方はこちらから
■"Xperia Tablet Z"を映像も音も最高に楽しみたい方にはオススメ!

ナスネとXperia Tablet Z


xperiatabletZ-10.jpg

こちらも専用アクセサリーとは違うのですが、タブレットを有用に活用できる一つの連携機器の代表とも言えます。
ネット回線を利用してTV視聴ができるというのは結構画期的で、無線さえ届けば家の中何処からでも録画した番組や現在放送中の番組を視聴可能となっています。重さ500gを切る"Xperia Tablet Z"なら何処へでも一緒に持ち出せます。
が、ここで気を付けてほしい事が、ナスネは"トランスモジュレーション方式"のCATV(ケーブルテレビ)では録画も視聴もできません。パススルー方式のCATVなら大丈夫! 安心してご購入ください!
(地上デジタル放送・衛星デジタル放送(BS)・衛星デジタル放送(110度CS放送)の3種類すべてをパススルー方式で放送しているかどうかは、ケーブルテレビ局により異なるのでご確認ください。)


xperiatabletZ-30.jpg
【ソニーストア】"Xperia Tablet Z"の先行予約・詳細はこちらから。

上記で紹介したハイエンドワイヤレススピーカー"BTX-500" "BTX-300"以外は本体とセット販売がされています。
リンクは各アクセサリー単体ページへと繋がっていますのでご注意ください。

xperiatabletZ-40.jpg


xperiatabletZ-39.jpg


xperiatabletZ-38.jpg


xperiatabletZ-41.jpg


xperiatabletZ-36.jpg






xperiatabletZ-11.jpg

当店サイトには"Xperia Tablet Z"の仕様・詳細・アクセサリーなど豊富な情報を掲載中!


【ブログ】【Xperia Tablet Z 】 本日2月28日-15時から先行予約開始!
【ブログ】【 Xperia Tablet Z 】 2月28日15時より "先行予約販売の受付が開始されました!
【ブログ】ワイヤレススピーカー』 ワイヤレススピーカーのハイエンドモデル『SRS-BTX500』をご紹介!
【ブログ】『ワイヤレススピーカー』 ワイヤレススピーカーのハイエンドモデル"SRS-BTX300"をご紹介



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。